電子マネーが利用できるお店が、街中に多くなりました。お店の掲示で、様々な種類の電子マネーのマークを目にする機会も増えました。そこで今回は、どのようなタイプの電子マネーがあるか、また電子マネーはどんなところが発行されているか、ご紹介します。普段使いの電子マネー選びに、参考にしてみてはいかがでしょうか。

電子マネーの姿・かたち

電子マネーの特徴や特典

携帯電話会社が発行する電子マネー

クレジットカードと紐づけされるタイプ

電子マネーには大きく先払いタイプと後払いタイプがあります。先払いタイプの方がよく知られていて、事前にチャージをして使います。チャージ分が上限になるので使いすぎる必要はありません。後払いタイプは事前にチャージする必要はありません。クレジットカードのように後で支払いをします。ある携帯電話会社が発行するタイプには後払いの仕組みになっています。基本的には、クレジットカードと紐づけをしないと利用できませんが、携帯電話の回線契約殿紐づけでも利用ができます。特徴は何といっても利用できる店の多さでしょう。鉄道系やスーパー系の電子マネーよりも多くのお店で利用できます。ポイントなども貯められるので、持っておくとお得かもしれません。

クレジットカードが使える店で使える

電子マネーは、現金以外で支払いができる仕組みです。ICカードやスマホなどに仕組みが組み込まれていて、機械をかざすと残高情報が変わるようになっています。お店などで読み取り機械が用意されているので、その中から該当する電子マネーを選択してかざせば支払いができます。ある携帯電話会社では少し変わった電子マネーサービスを提供しています。一応事前にチャージをして使いますが、一般的な電子マネーのように専用機械にかざして使うわけではありません。クレジットカードが使えるお店で、カードを店員に渡して処理をしてもらいます。プリペイド式とも言われています。カードの表面にはクレジットカードの番号も書かれていて、ネットショッピングなども行えます。