電子マネーが利用できるお店が、街中に多くなりました。お店の掲示で、様々な種類の電子マネーのマークを目にする機会も増えました。そこで今回は、どのようなタイプの電子マネーがあるか、また電子マネーはどんなところが発行されているか、ご紹介します。普段使いの電子マネー選びに、参考にしてみてはいかがでしょうか。

電子マネーの姿・かたち

電子マネーの特徴や特典

鉄道会社が発行する電子マネー

切符を買わずに鉄道が利用できる

鉄道利用において、毎日同じ区間を利用するのであれば定期券を使えばいいでしょう。利用のたびに切符を買う必要はありません。しかしそれ以外の区間を利用するときは、利用のたびに切符が必要です。券売機の行列に並んで購入する必要があります。急いでいるときだと、並ぶのに時間がかかって乗りたい電車に乗れないときもあるかもしれません。こんな時に便利なのが鉄道会社が発行している電子マネーです。一定の残高があれば、切符を買わなくても改札を通れます。ICカードタイプの定期券をかざすように電子マネーをかざします。目的地の駅の改札を同じように出た時、運賃分の料金が差し引かれます。直接改札を通る以外に、券売機で切符を買って利用したりもできます。

エキナカでのショッピングが楽

鉄道の駅は、主に鉄道の利用のために設置されています。最近は鉄道利用者の利便性を高めるため、改札内におけるサービスがどんどん充実しています。エキナカショップと呼ばれる店が多くなり、改札の中で色々な買い物ができるようになっています。これまでは買い物のためにわざわざ改札を出たりする必要がありましたが、ちょっとした食事やお土産などが買えるようになっています。エキナカショップでの支払いに活躍するのが鉄道会社が発行する電子マネーです。100パーセントとは言い切れませんが、ほぼその鉄道会社が発行する電子マネーでの支払いが可能です。今は全国の鉄道会社の電子マネーが統一化されているので、地方の駅のエキナカショップでも使える所があります。