電子マネーが利用できるお店が、街中に多くなりました。お店の掲示で、様々な種類の電子マネーのマークを目にする機会も増えました。そこで今回は、どのようなタイプの電子マネーがあるか、また電子マネーはどんなところが発行されているか、ご紹介します。普段使いの電子マネー選びに、参考にしてみてはいかがでしょうか。

電子マネーの姿・かたち

電子マネーの特徴や特典

いろいろ選べる!カード型電子マネー

チャージしないと使えないので使いすぎない

クレジットカードは現金を必要としない支払い手段です。現金で支払おうとすると、事前に財布にお金を用意する必要があり、小銭のやり取りも面倒です。面倒さを無くしたいときに便利なクレジットカードですが、問題として使いすぎる可能性がありました。利用限度までなら自由に使えるので、いつの間にか自分の支払い能力以上に使ってしまう可能性があります。新たな支払い手段として電子マネーがあり、その一つとして先払い型があります。こちらは事前にチャージをしておき、そのチャージ金額の範囲内でのみ買い物ができます。チャージできる金額もそれほど多くないので、無駄遣いなどを減らせます。紛失して戻ってこないとしても、クレジットカードのような高額の損失は起きません。

後払いタイプはチャージが不要

電子マネーを使うとき、チャージが必要なタイプを使うときにある問題が起きます。それは支払い額よりもチャージ金額が少ない時です。その場でチャージできればいいですが、できなければ差額を現金で支払ったり、電子マネーでの支払いができなくなるときもあります。電子マネーには先払いタイプの他に後払いタイプがあります。クレジットカードと紐づけされていて、支払いに使った分をクレジットカードからの引き落としになります。1箇月お上限額などが決まっているので、クレジットカードのような使いすぎにもなりにくいです。クレジットカード以外に、携帯電話の料金に紐づけされるタイプもあります。使った料金を携帯電話の料金と一緒に請求してくれるタイプもあります。

電子マネーを比較するときは、チャージ方法に注意しましょう。最初にチャージした分で買い物できるタイプと後からクレジットで支払うタイプに分かれます。