電子マネーが利用できるお店が、街中に多くなりました。お店の掲示で、様々な種類の電子マネーのマークを目にする機会も増えました。そこで今回は、どのようなタイプの電子マネーがあるか、また電子マネーはどんなところが発行されているか、ご紹介します。普段使いの電子マネー選びに、参考にしてみてはいかがでしょうか。

電子マネーの姿・かたち

電子マネーの特徴や特典

1枚2役!クレジットカード内蔵型電子マネー

お得になる支払い方法を選べる

買い物をするときには支払いが必要になります。現金だと、小銭を用意したり小銭をお釣りとして渡されたりします。どちらにしても面倒に感じるかもしれません。スマートに支払う方法があるので、利用できる店なら現金以外の支払いも検討すると良いでしょう。現金を必要としない方法としては、電子マネーとクレジットカードがあります。電子マネーは事前にチャージしたお金で支払い、クレジットカードは購入時にカード会社に立替をしてもらう仕組みです。通常はそれぞれ別にカードを用意しないといけませんが、一部クレジットカード機能を内蔵した電子マネーがあります。ポイントのつき方などが異なるため、お得になる支払い方法を選べばいいでしょう。2枚持つ手間を省けます。

それぞれでしか支払えない時に便利

現金を使わずに支払いができると、お釣りのやり取りが少なくスマートに買い物ができます。クレジットカードは比較的前から利用できましたが、最近は電子マネーが利用できるようになりました。同じように現金を使わずに支払いができますが、常に両方使えるわけではありません。それぞれカードを読み取る機械が必要ですし、お店の方でその決済を利用する契約をしていないといけません。クレジットカードのみ使える店、電子マネーのみ使える店、両方使える店などが存在します。クレジットカード付きの電子マネーであれば、1枚で多くの店で現金なしでの支払いができます。海外旅行ではクレジットカード機能を使い、鉄道に乗るときは電子マネー機能を使うなどができます。